本文へスキップ

野村特殊工業有限会社は電子・化学・エネルギーを専門とする会社です。

TEL. 0997-55-4380

〒894-0411 鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木416−9

科学の祭典2009HEADLINE

科学の祭典2009の様子

昨年に続き、今年も「悪魔の誘い」なんて言うと思いっきり怒られてしまいますが、イベントものが大好きな弊社に開催予定の1カ月前という年末の忙しい時期に担当の教育指導主事から会社に電話がありました。
「今年は、文科省の理数大好き事業の補助金も終了し予算が極めて少ないけど、参加する??」と言う内容でした。
内心、「金もないのに、よく言うよ!!」と思いつつ、弊社も資金的に非常に苦しいので断ろうかなぁと思った時、最愛の娘から「お父さん、今年はしないの??」と言われ「いゃ、そんなことないよ!!」と見栄を張ったことから成り行きで参加することになりました。
娘の手前で「やる」と言った以上手は抜けません。しかし会社として予定外の出費であることは間違いありません。(経理課から空爆されるのは時間の問題で確実に爆撃されます。)
資金的に何とかしなくてはと頭を悩ましていると、追い打ちのような電話がかかってきました。
「参加ブースも学校だけだと寂しいし、なんかネタがない??」というまたもや悪魔的な相談がぁぁぁぁぁ!!
というわけで、業務上弊社とお付き合いをしていただいている会社に早速電話攻撃
(株)沖縄シャープ、かごしま電工(株)、名瀬徳洲会病院看護部、大島石油(株)ガス課、(有)平管工業、自衛隊鹿児島地方協力本部奄美出張所、奄美警察署生活安全課などなど・・・・
開催2週間前という準備期間が全くないもに関わらす、更に全くのボランティア活動(昼食の弁当・お茶は配給)で参加の意思表明をいただきありがとうございました。

今から思うと、私自身を含め参加表明頂いた組織の担当者の方も、その教育指導主事の「人間臭さ」「公務員という立場を越えた人間性」に惹かれたのかもしれません。
私的には、まぁいろいろなドタバタはありましたが、日本初の官産学連携イベントの最高のモデルケースになったなぁというとても楽しいイベントでした。

各企業や組織に龍郷町教育委員会名で感謝状が届いたのは、約2ヶ月後でした。。。。(ちゃんちゃん)

バナースペース

野村特殊工業有限会社

〒894-0411
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木416-9

TEL 0997-55-4380
FAX 0997-55-4380